すすログ : 2019年を振り返る・下半期

す~す~の2019年を振り返る続きですね。

永一君はスケッチが趣味でした

7~9月
夏公演『父と過ごした夏休み』永一役。有難いことに主役を頂きました。
今までの役者経験で一番苦しみました。自分じゃない人間を演じることの難しさを改めて思い知らされました…。
演出からいったん離れて、役者をやることについてたくさん考えることが出来たし、こういう癖の少ない役も案外出来るもんだと気づかせてもらったので、結構貴重な経験だったなと。
とはいえ、変な役のが楽しいのは変わらない(笑)

11月
本サイト、「す~す~がいっぱい」開設。
3月あたりからスクールで続けてきたプログラミング、一旦の集大成。
自分が作りたいモノを作るってのは、劇作に限らないなあと気づいた次第。
このサイトが今や生活の一部になりつつあります。
来年(もう目前)は、より力を入れてコンスタントに動かしていこうと気合を入れなおしています。
プログラミングでやりたいことはまだまだ沢山ありますね…!

大きなイベントはこれくらいでしょうか…。
もちろん勉学もおろそかにはしていませんが、今年は特にやりたい事が出来た1年間でした。本当にありがたい…。
また、脚本の世界観やら、舞台のこと、プログラミング、心理の事、などなど、色んなことを頭に詰め込んで、考えて、アウトプットして…と、頭を使いまくった気がします。
来年も沢山の学びがありますように。

いつになくテンション低めでお送りしてしまいましたが、2020年、どんどんパワーアップしていく、僕と「す~す~がいっぱい」をよろしくお願いします!!

振り返り2019
2019年12月31日