何も無いのも申し訳ない投稿その2